Letter to Prime Minister Shinzo Abe - CAN responds to Japan's draft INDC

CAN's 900 members wrote to Japan's Prime Minister Shinzo Abe today, urging him to scale up his country's draft intended nationally determined contribution towards the Paris agreement. 

See attached and below.

 

-----

Dear Mr. Shinzo Abe,

On behalf of CAN, the largest network of NGOs working to keep the climate safe, I am writing to express concern from around the world in regard to the draft intended nationally determined contribution (INDC) towards the Paris agreement being considered by Japan. 

From its role in the forging of the Kyoto Protocol, to its commitment to Fast Start Finance, it can be said that Japan was a leader of climate action with a savvy and sophisticated economy geared to reap rewards from the efforts to address climate change. 

But those days now appear to be firmly in the past. Japan’s proposal, just announced today, to put forward at target of reducing emissions by around 26% on 2013 levels relegates it to that of a laggard on climate issues.  With this bare minimum target, Japan has not presented a credible plan to shift its economy from reliance on climate change-causing fossil fuels to renewable energy. This means the country will become increasingly exposed politically and economically to climate change.  Instead of putting forward a bold commitment, Japan has engaged with a slight of hand - changing base years - in an apparent attempt to make its offer look more appealing than it is. The world community is not fooled. 

By clinging to an outdated model of energy generation which gives utilities too much control and continuing to rely on inflexible nuclear and coal for “baseload” power, the country appears increasingly at odds with the momentum that is building towards a phase out of fossil fuels and the explosive growth in the renewable energy industry, even though it has all the ingredients to become a winner in a decarbonised world.  It is clear, Japan is being overtaken by key rivals, such as the US and China, on climate in advance of the Paris negotiations this December and who are standing ready to scoop up the benefits of accelerating the transition to renewable energy. By failing to send a strong message to the international community, Japan’s ideas on how to forge the Paris agreement will fall on deaf ears.

But it is not too late. Your government has the chance to review the draft and make a contribution that will unlock the benefits of action for the Japanese people and it’s economy. Therefore, ahead of the G7 meeting in Germany this June, CAN calls on Japan to set a target of over 40 per cent emissions reductions based on 1990 levels.  Only such a target will start to restore the country to a position of leadership on climate and spark the investment in renewable energy which the country’s people are calling for. 

Prime Minister Abe, we hope you hear this call and look forward to further exchange views on these issues.

Sincerely,

_____________

Wael Hmaidan 

Executive Director 

Climate Action Network-International - on behalf of its 900 NGO members.

 

 

 

気候行動ネットワーク・インターナショナル

2015年4月30日

 

日本の新しい温暖化対策の目標案について

 

安倍晋三 内閣総理大臣殿

 

我々、気候行動ネットワーク(CAN)は、気候変動を防ぐために活動するNGOの世界最大のネットワークです。私はCANを代表し、日本政府がパリ合意に向けて検討中の温暖化対策の目標案について世界中が懸念していることをお伝えしたいと思います。

これまで日本は、京都議定書の実現や途上国への短期資金支援の約束などでその役割を果たし、豊かで進んだ経済を活かして気候変動に対処する努力をすることで成果をあげようとしてきた、気候変動対策のリーダーであったと言えます。

ところが、それは過去のものとなったように見えます。日本が本日発表された「2013年比で温室効果ガス排出量を26%程度削減」という水準の目標案を提出すれば、気候変動問題における日本の地位は失墜してしまうでしょう。このような低い目標では、日本経済を化石燃料から再生可能エネルギー中心へと転換させることを計画していないということになります。このことは、日本が今後ますます、政治的にも経済的にも、気候変動の影響にさらされることになるということを意味します。意欲的な排出削減目標を打ち出すのではなく、基準年をずらすという奇策を用いて目標を実際よりも高く見せようとする意図は明らかです。国際社会は騙されません。

時代遅れの発電方法に執着し、「ベースロード」電源として原子力や石炭に頑なに依存し続ければ、日本は化石燃料の段階的削減や再生可能エネルギー産業の大幅な成長促進からますます乖離していきます。しかも、脱炭素化する世界において勝者となるために必要なものを日本が全て有しているのにもかかわらず、です。今年12月のパリに向けた交渉を前に、気候変動問題への対応において、日本は明らかに米国や中国といったライバルに遅れをとっています。それらの国々は今や再生可能エネルギーへの転換によってますます大きな便益を得ようとしています。国際社会に対し強いメッセージを送ることができなければ、パリ合意に対する日本の考えは、一切耳を傾けてもらえないことになるでしょう。

しかし、まだ間に合います。日本政府には、目標案を見直し、国民と日本経済のための便益となるような貢献をするチャンスがあります。ドイツで6月に開催されるG7サミットに向けて、CANは、日本が「1990年比で40%以上削減」を目標として掲げることを求めます。このような目標を掲げることによってはじめて、気候問題における日本のリーダーシップは回復し、日本国民が求めている再生可能エネルギーへの投資を飛躍させることができるでしょう。

安倍総理におかれましては、ぜひ私たちの要請を受け止めていただければ幸いです。そして、今後、気候変動や排出削減目標といったテーマについて安倍総理と意見交換ができますことを心より楽しみにしております。

 

敬具

_____________

Wael Hmaidan 

Executive Director 

Climate Action Network-International - on behalf of its 900 NGO members.

 

Topics: